性別判断豆知識

親友との比較
boyorgirlhowtotell.com

親友との比較

比較対象者として女房の同級生とその亭主の話をしよう。亭主は私の1年後輩にあたり、女房同士は同級生という事は1963年産まれ。我が女房も双子のように仲良くしていた。

実は我が家の長男も両夫婦了解のもと彼との「Swapping」の際にできたのかもとは言うものの5番目にして始めての男児という事もあり深く詮索はせずそのまま長男として出生届を出した。女房も20歳までに3人、後輩家族も2人の子持ち。年の差10歳以上年上で私たちと趣味も「Scubadiving&Surfing」我が女房が親友に亭主の後輩を紹介したもので「Scubadiving&Surfing」趣味とSex大好きが共通点。

避妊具なしの「Swapping」なんて当たり前、後輩との男同士で語り合う時にはもう結婚30年目になるけれどやっぱり18歳の若い女のVaginaは締りがいいという話になり時々女房を交換しよう。まず女房を妊娠させなければ話しにもなりませんし、X染色体は酸性に強く、Y染色体はアルカリ性に強いという話しになる。

通常は酸性の女性のVaginaですが、アルカリ性が排卵日には強くなりますので、男の子が欲しい場合は、排卵日にSexをすると良く、女の子が欲しい場合は、酸性度が強くなる排卵日の2日前にSexをするのが、最も良い時期と言われていますが、主治医の診断では2組とも肉食夫婦であるためにY染色体が極端に少ないのが第1の原因で、蒔かれた女房の畑(子宮)も極端な強酸性。

産婦人科のHomedoctorに問い合わせたところ元々私は「Y染色体」が極端に少ない上に強酸性のVaginaを持つ女房は射精した途端にY染色体は死滅状態になってしまうので「卵子姫」に出逢える機会は皆無に等しいとの事、 そのために今回は人口受精にした結果、やっと男児を懐妊。45歳という女房の年齢からしても、たぶん今回が最後の妊娠・出産だと思うが、7月末か8月上旬に次男を出産した後も避妊はせずにSexし妊娠したらまた出産すると意気軒昂。女房の言う事には元々女の子宮にはX卵子しか存在しないのだから「男」が欲しければそれなりの努力と研究が必要との事「Y染色体」を増やすには魚系の蛋白質を獲るといいといわれても、女房は元々「シラスの目を見るのも触るのもイヤ」というほど徹底的な魚嫌い。結婚してから1度も食卓に上った事はない「お帰り」のDeepkissでcheckされ魚の臭いがしようものならその日のSexは拒否される。

妊娠中に男の子か女の子かを確認する方法

copyright(C)性別判断豆知識